セッション1
セッション1
全コース 入門 これは何ですか?

< 前の課へ

次の課へ >

▲隠す
学習終了
お気に入り
中国語ピンイン日本語
聞く
zhè
zhè これ
shì
shì ~です
什么
shén me
shén me 何(疑問詞)
日文
rì wén
rì wén 日本語
de
de
杂志
zá zhì
zá zhì 雑誌
shuí
shuí
kàn
kàn 見る
一下
yī xià
yī xià 少し
課文を見る
練習に進む

疑問詞「什么」

中国語にも英語のような5W1Hというものがあり、「什么」は「何、どんな」という意味になります。 例えば「这是日本的杂志(これは日本の雑誌です)」という文でこれは何かを聞きたい場合、 "日本的杂志"を"谁"に変えて「这是什么?」といえば疑問文が出来ます。

疑問詞「谁」

「谁」は「だれ」という意味になります。例えば「这是我的杂志(これは私の雑誌です)」という文でこれは誰の雑誌かを聞きたい場合、  我を谁に変えて「这是谁的杂志?」といえば疑問文が出来ます。

指示代名詞

日本語では「これ・それ・あれ・どれ」と近称・中称・遠称・不定称と四つありますが、中国語では「这・那・哪」と近称・遠称・不定称の三つになります。

「これ」は「这」、「あれ」は「那」で表現できますが、日本語のそれに相当するものはなく場面状況に応じて「这」もしくは「那」を使います。

動詞述語文「我看一下」

述語が動詞になっている文のことを動詞述語文といいます。中国語の語順は英語の語順に似ていて「主語(S)+動詞(V)+目的語(O)」の順に並べます。

【例文】
  • 我去 [wǒ qǜ]
  • (私はいきます)
  • 我看电视 [nǐ kàn diànshì]
  • (私はテレビを見ます)

一下

「動詞(V)+一下」で「ちょっと~」という意味で人にお願いする表現にもなります。

【例文】
  • 休息一下[xīuxi yíxià]
  • (ちょっと休みます / ちょっと休んでください)
  • 等一下 [děng yíxià]
  • (ちょっと待ってください)
  • 你看一下 [nǐ kàn yíxià]
  • (ちょっと見て下さい)

1)マンツーマンレッスン

「他の人の前でしゃべっているのを聞かれるのが恥ずかしい」という国民性からか、日本人には人気のレッスンです。 モバイル中国語教室のレッスンも当然すべてがマンツーマン。あなたのペースで、あなたのための中国語レッスンが受けられます。

2)通学不要で受講時間も自由!ビジネスマンにも最適!

忙しい時間の合間を縫って受講が可能です。オンライン中国語レッスンなら当然通学が不要で、時間も学校が開いている時間であれば自分の都合に合わせて受講することができます。 多忙なビジネスマンの方でも、出勤前の早朝や帰宅後の深夜の時間帯を活用すれば無理なく中国語学習が続けられます。

3)オンラインスクールの教師について

日本語堪能な中国人教師がレッスンを提供しています。中国語が全く喋れない方でも発音(ピンイン・四声)から分かりやすくレッスンを受けることが出来ます。